英語は向いているようです

公開日: 

小学校5年生になる息子は何個か習い事はさせましたが、英語だけはずっと続けています。

テニスと硬筆も習っていましたが、嫌になり止めてしまいましたが英語は好きなようです。

英語は私も主人も不得意で教えることができなかったのと、これからの時代に必要だと感じたので2歳ごろ通信教材を購入し英語に触れさせていました。

最初は食いついていましたが、子供が幼稚園になる頃から飽きてしまい嫌がるようになりました。

なので、5歳からは個人の英会話教室に通わせることにしました。

その教室が閉鎖されたため、小学校2年生からは大手の英会話教室に通っています。

きちんとしたカリキュラムがあるため教材費はかかりますが、しっかりと教育を受けた先生が指導してくださるので安心です。

宿題も毎回ありますが、先生と合うようで毎回嫌がることなく楽しく通っています。

4年生の頃から個人的に英語検定を受け始めています。

5級は合格し、そろそろ4級を受けようと考えています。

英語教室にも独自の児童英検はありますが、ほとんどの人が受かる前提なのでより上を目指したいと思っている息子は英検に挑戦するのが楽しいようです。

合格したことで自信がついたのか以前よりもより前向きになっているのを感じます。

好きになってくれるかピアノ

子供が4歳の頃に自分自身がピアノを長期習っていたので、子供にも絶対音感やリズム感などをつけるためにピアノを習わせ始めました。

自宅から近いと言うだけの判断で、近所の個人ピアノ教室に通わせました。

本人も喜んで行ってくれることと、親は勝手に思っていました。
ですが全くもって、残念な事に子供はイヤイヤながら3年ほど通いました。

でも、やはり嫌々通っているようでは、なかなか上達もせず、もちろん教える側も自分が習っていた先生とは全く違い。上達しないなと判断し本人も行きたくないと言い出し結果、やめてしまいました。

もっとしっかりと先生選びをして、いかせるべきだと反省しまた。
いくら親が良かれと思いいかせた習い事でも、本人のやる気が伴わないような習い事は、のびてはいかないと痛感させられました。

この事からか、全くもっピアノどころか楽譜を読む事すら嫌がり、マイナス方向に向けてしまったかと思っております。

もちろん自分自身も、とても厳しい先生についていただき辞めたくて嫌々行っていたのは確かですが、13年習うと、この年齢でも楽譜も読めある程度、中級程度のピアノならひくこともできます。

本人の素質というものもあるかとももいますが。

習い事をさせる、至っては。本人と教えていただく先生との相性みたいなものもあるのかなと思います。

なのでピアノを習わせたことはプラスにはならなかったです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑