公文の英語(幼稚園児の場合)

公開日: 

長男は普通の英語教室に小さい頃から行かせ、引越しの都合で、公文で英語を続けましたが、スムーズにレベルアップしました。

次男も英語教室に行かせたかったのですが、クラスが年齢別で、長男と同じクラスに入れないので、習わずじまいでした。

引越しを機に、長男が公文に行きだしたので、次男も公文で英語を始めました。

次男が幼稚園の年少の時です。

公文では、タッチペンでテキストの絵や単語をタッチすると、ネイティブの発音が聞こえ、それを聞いて、真似して覚えていきます。

最初は、果物とか色とか次男の馴染みのある単語で楽しく学習できました。

しかし、半年ぐらいすると、曜日とか100や1000の大きな数字とか、次男にとっては日本語でもよく分かっていない単語が出てきました。

少し宿題がすすまなくなってきたので、先生に相談すると、少し前の復習をしましょうと言われました。

でも、次男はテキストの同じページでは飽きてしまって、公文に行くのを嫌がるようになりました。

困り果てていると、先生からしばらく国語の勉強しませんかと提案されました。

平仮名がすらすら読めるぐらいになってから、英語を始めても遅くはないと言われるのです。

私は小さいうちから英語を勉強させて、耳を育てたいと思っていたので、すごく残念だったです。

でも、公文に行く習慣をやめるのももったいないと思い、国語に変えました。

国語で平仮名を読み、少しずつ書く練習が始まり、またスランプがあり、復習を少しして、また平仮名を書く練習をしています。

今は幼稚園の年中です。

英語はいつ始められるのか、私は不安です。

本人に合うものを選んでいます

我が家は子供が3人いますが、上の2人が習い事をしています。

長男は英語を習っていて、二男は水泳を習っています。

幼稚園に入園する前は長男も水泳を習っていましたが、あまりにも泣いてプールで嘔吐する事もあったので無理にやらせても、と思いやめました。

英語は私自身が苦手だったので、子供には勉強として始まる時に抵抗を感じないでほしいと思い始めました。

まだ小学2年生なので、まだまだ書くのは難しいですが先生が英語だけの指示を出しても理解する等、英語の音に対する聞き取りは良くなっているようです。

我が家では、子供が3人になった時に本人が望むかある程度の年齢になるまでは習い事は1つにしようと決めていました。

その為二男は習い事を始める時に英語にするか水泳にするか、もしくは別のものにするか迷いました。

二男は食物アレルギーがあり体が弱い事、けれど長男に比べて活発なタイプだった為体を動かすものが良いと考えました。

そこで本人もやりたいと言ったので水泳を始めました。

水泳を始めて良かったのは、体力が付いたり肺が鍛えられたのか風邪をひいたり咳が出る事が減った事です。

二男は風邪をひいたり咳が止まらずに幼稚園を休む事が多く、年少の時は休まなかった月はないという状況でしたが水泳を始めて1年が経ち年中になってからは、休まない月の方が多くなりました。

本人にやる気があるのならいいと思いますが、そうでないなら小さなうちは本人に合った習い事を選んであげる事が大切だと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑