人見知りな子の英語教室

公開日: 

うちの子は人見知りが強く、家ではよく話しますが、外では話せなくなるので、1歳から英語教室に通わせました。

男の子だから運動系の習い事も考えましたが、話す練習をする習い事ということで英語教室にしました。

レッスンは先生一人に数人の子供で、遊びの中で、先生が言った英単語を子供が復唱することがありましたが、うちの子は全然声が出ていませんでした。

先生に相談すると、今はインプットの時期で、そのうちアウトプット(話す)ようになるでしょうと言われました。

家では英単語を言って覚えているようでしたが、レッスンでは無言の状態が何年も続きました。

引越しの関係で、英語教室に通えなくなり、公文で英語を始めることにしました。

公文では、先生の前で音読があります。

やっぱり声が出ないかとあきらめていましたが、先生の前で声が出ました。

5歳になっていて、成長のせいかもしれないし、大勢の前ではなく、一対一だったせいかもしれません。

公文は週2回なので、せっせと通い、公文入会時のレベルチェックでは英語教室に通っていたにも関わらず年齢相応、つまり幼稚園レベルからスタートしたのに、7歳の頃には中学1年生レベルにまで到達しました。

それでも、大勢の前になると声が出なくなる人見知りはなおっていません。

子供の習い事について

子供の習い事は何をさせるか悩みます。

小さいうちはスイミングや体操ぐらいしかできませんでしたが、幼稚園の年中さんくらいからは、ピアノや公文、ダンスやテニス、サッカー等体を動かすことはもちろん、情操教育的なものも可能になってくるのでどれからさせようか、悩みは尽きません。

また、子供があまりに嫌がるものも、かわいそうなのでお試しがあればやってみてできそうなら続ける。

続けていても途中からでも嫌がれば、あまり無理強いせずちょっと休ませたりして状況をみたりしてました。

実際うちの子がピアノをやりだしたのが年中くらいで最初は音符を覚えたり、色塗りしながらでした。

そのうち、ピアノを弾く練習になってくるとだんだん練習が楽しくないと嫌がるようになりましたが、そのころにはすでに1年以上たっており、「いやなら辞めてもいいよ。

」といっても辞めるのは嫌、でも練習はしたくないとの繰り返しの状態が少し続きました。

練習も気に入った曲であればすいすいやるのですが、面白くないとすぐに嫌になるので2,3日は少しにしておき、5日目くらいからはみっちり特訓するようにすると翌日には弾けるので今度は面白くないものもできれば楽しく思えてドンドンやる気が出て進んでいけました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑